デュアルラインカイトを飛ばす方法


風の強い場所を見つけて、私はビーチに行くのが好きです。

カイトを置きます。下側を上に向ける必要があります。次に、カイトワイヤーを取り付けることができます。硬い部分がないPrismというブランドのシンプルなカイトを飛ばすので、クラッシュしても心配ありません!

カイトの端を見つけます。カイトの端がカイトの残りの部分と絡まないように、カイトに組み込まれたループに押し込んでいることに気付くでしょう。

カイトの端にデュアルラインワイヤーを取り付けるときに、ひばり結びを作るのが好きです。この結び目は簡単に取り付けたり外したりできます。

カイトがしっかりと固定されると、飛ぶ準備が整います。

カイトの下側を下に向けて置くか、友達に持ってもらい、ワイヤーをそっと離しながら後ろ向きに歩き始めます。

私の凧のひもは100フィートの長さです、それはかなりいい距離です。

心地よいそよ風を見つけて、友達にカイトを頭上にかざして放すか、地面から発射してもらいます。秘訣は、紐を付けた下部が下を向いていることを確認することです。

カイトストリングで急な動きをしないのが最善です。カイトを左にゆっくりとループさせるには、左にゆっくりと引き、右にループさせるには、右にゆっくりと引きます。カイトを絡めすぎないようにしてください。

首がけいれんし始めるかもしれないので、あなたはたくさん見上げるでしょう!ループをするときは、何回行ったかを数える傾向があるので、反対方向に同じ数を行うことができます。絡まったワイヤーは面白くない!

少し練習したら、カイトにテールを付けてみてください。尾を持ったカイトを飛ばすのは、重く、遅く、操作性が低いため、少し難しいです。しかし、それは素晴らしく見えます!

色や生地が光の中で見栄えがするので、尻尾でループをするのは楽しいです。

カイトの飛行が終わったら、カイトをそっと地面にぶつけます。これは少しハードランディングでした!ワイヤーがすべて絡まないように、ループも行わずに着陸することをお勧めします。

カイトを片付けるときは、カイトワイヤーを上手に巻き上げて、次回も使いやすくします。

ひばり結びの結び目を緩めるのは簡単です。カイトワイヤーの端を引っ張るだけで、すぐに外れます。

カイトを折りたたんで、カイトストリングの端を押し込んだ状態で収納することをお勧めします。これにより、弦が絡まることはありません。



前の記事

ミニピザクラッカーの作り方:)

次の記事

アルトシャームc&hを利用した培養バターの作り方