バルーンバイクの作り方


5つの "260"バルーンをほぼ完全に膨らませ、1/4 "を膨らませずに残し、げっぷを良くします。

最初の気球を取り、半分に折り、真ん中にひねりを加えます

2番目のバルーンで小さな泡をひねり、最初のバルーンでひねって取り付けます

スパイラルしながらバルーンに一定の圧力を保ちながら、最初のバルーンの周りに2番目のバルーンをスパイラルします

スパイラルの端に小さな泡を作り、それを最初の気球にねじります(これが最初のタイヤとハンドルバーになります)

次の2つの風船を取り、半分に折り、一緒にひねって同じサイズの脚を持つxを作ります

残りの風船を取り、最後に小さな泡をひねって、xの中央に取り付けます

「x」の周りのスパイラル5番目のバルーンは、スパイラルするときにバルーンに一定の圧力をかけ続けます

スパイラルの端にある小さな泡をひねり、2本のスポークの周りに取り付けます(スポーク間のトラッピングホイール)

2番目の足のペアでも同じことをします

タイヤの泡に付いていない片方の足を取ります...それを持ち上げて、2本の足と小さな泡にねじります....次のようになります。 (バックタイヤ、シート、バイクフレームになります)

残りの3本の足の端に小さな泡を作り、それらを一緒にねじります

タイヤから突き出た脚で、上部の小さな泡をひねってからループを作り、一緒にひねります(自転車のサドルを作ります)

フロントタイヤの両方のバルーンを一緒にねじり、バイクフレームの端にある気泡に接続します

ハンドルバーをそっと曲げます

それらの両方

そして出来上がり...バルーンバイク:-)

Copyright Balloon Utopia tm 2012. Www.balloonutopia.com


ビデオを見る: バルーンアート タコの作り方 balloon twisting octopus


前の記事

楽しい漫画のキャラクターを描く方法

次の記事

塩の「砂」アート/化粧ブラシ/ペンホルダーの作り方